生き抜く狼―病舎からの再審報告


 一九七四年の三菱重工爆破闘争などで八七年に死刑が確定した、東アジア反日武装戦線狼部隊の大道寺将司さん、
益永(旧姓・片岡)利明さんは、現在、殺意の不存在をめぐって第三次再審を請求しているところです。
 この第三次では、ビル空間における爆発力の拡大をテーマにしており、狼が意図しなかったところで爆発力が増
大し大惨事を引き起こしたものであることを、科学的実験に基づき詳細に立証しています。現在、最高裁に特別抗
告中です。
 ところが、大道寺さんは多発性骨髄腫に罹患し、益永さんは脳梗塞に倒れています。長期にわたる拘禁が、その
原因であることは言うまでもないでしょう
 そこで私たちは、獄中の二人の近況報告と獄中医療の問題、再審請求の今後の見通しなどについて報告する集会
を予定しています。ぜひ、多くの方のご参集をお願い申しあげます。
二〇一一年九月       東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議(支援連)

九月一七日(土)一四:〇〇.(集会終了後交流会の予定)
日本キリスト教会館四階(下図参照)
会場費五〇〇円
内容
 
川村理弁護士「第三次再審と今後」
   
大谷恭子弁護士「獄中医療の現状」
   
新しい世代の語る「反日」(特典映像上映あり)ほか

◎問合せ先 電話〇三―三八一二―四六四五(風塵社)

東京都新宿区西早稲田2-3-1
電話03-3202-6145
東京メトロ早稲田駅から徒歩6分
inserted by FC2 system