大道寺将司くんの今日このごろ

支援連ニュース No.228


★中国と韓国の神経を逆撫でする扶桑社の歴史教科書問
題、集団的自衛権、そして、靖国神社参拝など、小泉は
復古的であるとともに米国の傀儡である姿を鮮明にしつ
つあります。なぜなら、米国は、アジア諸国が円を機軸
通貨として、EUのような地域経済圏を形成し、米国か
ら自立してドル離れすることを警戒してきました。そし
て、小泉の言動は、アジア諸国間に政治的、経済的な不
信感を植えつけ、対立させ、結局はドルに依存せざるを
得なくさせるという、まさに米国の意を体したものだか
らです。小泉、田中の言う“日米安保体制こそ日本の繁
栄の基盤”も、小泉内閣が米国に従属し、米国の世界戦
略の補完物であることを自認したものに他なりません。
反日派としては鋒が鈍るけれども、事実は事実として押
えなくてはなりません。小泉の呼号する“改革”も国際
資本、とりわけ米国資本の要請に沿うものです。憂国の
士の振りをした裏切り者の例は枚挙にいとまがありませ
ん。小泉、田中のタレント性が抜群なのは頷けますが、
そろそろ迷妄から覚めるべきでしょう。
★利明君から拙句に辛口の意見を頂戴しまいた。『友へ』
は思いがけなく、多くの論者、メディアに取り上げられ
ました。そして、評はおしなべて好意的なものでした。
でも、ぼくはそれらを鵜呑みにはできないと自戒してい
ます。獄中27年の死刑囚の句の前に立ち竦んだ論者もい
るでしょうし、またそれ故に、武士の情的な評になった
であろうと推測するからです。でも利明君は同じ立場で
すから、辛辣な評がなされるであろうと覚悟していまし
た。『友へ』には「キタコブシ」に載っていない句が半
分程度含まれています(削ったものもあります)。です
から利明君の印象は多少変るかもしれませんが、如何と
もし難い程に感性の開きがあるのでもっと厳しい評にな
るかもしれないですね。
 ところで、ぼくは、旧日本赤軍に参加している狼の同
志たちに帰国するなと呼び掛けた際、彼らには獄中のぼ
くらのできないことをしてもらいたいと記しました。そ
の“できないこと”を武闘のことだと誤解されたのでは
ないでしょうか? ぼくの言わんとしたことは、逃亡の
身では“自由な生活”にはなりようがないでしょうが、
少しでもまともに生きてほしいということです。ぼくは、
数年前、「ザ・パスポート」に佐々木君が実名で寄稿し
たことでも確認しましたが、彼らが武闘をやることはな
いだろうと考えてきました(日本赤軍解散で最終的に確
認)。そういう次第ですから、彼らに武闘を提起したの
ではありません。     2001・7・29 大道寺将司

MASASI  HOME
inserted by FC2 system