シャコのリハビリ日記(その57)

リハビリ日記
 やっと、母は介護認定が「要介護1」ということになった。1月下旬に面接に来た職員も母と接して話してみて、これは「要支援」ではなく「要介護」が適当ではないか、と分かったのだろう。23日にケア・マネージャーが来て、契約してから、母と話しながら母の状態を観察して、いろいろ書き込んでいた。私も介護サービスについて聞いてみた。その上で、私としては夕食調理のサービスを頼もうと思っている旨伝えた。今のところは、夕食は袋入りインスタントラーメンばかり食べている母だから。最近は、「胃が痛い」などと言っている。インスタントラーメンばかり食べていれば、そうだろう。なんとか食べ物に気をつけてもらいたくても、本人が息子の言うことを聞かないのだから、どうしようもない。そういうこともあって、私は、調理サービスを求めたわけだ。聞いてみると、調理サービスは、1回314円なんだそうだ。毎月平日だけやってもらったら、月6,000円位の自己負担とのこと。「要介護1」の限度額は16,000円くらいなので、それ位ならいいかな、と思った。平日の夕食だけでも作って食べさせてもらえば、私も大いに助かるものね。だから、そのプランでやってもらえるように頼んでおいた。さて、私もこれから少しは夜遊びができて楽になるだろうか。夜遊びができるようになるのは、朝食の調理サービスの場合かな?ともあれ、「要支援」と「要介護」の違いがこんなにあるんだと実感したね。
 2月7日の夜、興奮気味の伊藤けい子さんが電話を掛けて来た。まりちゃんが主人公なのよ、と言う。次いで、永井迅さんも感動を伝える。こりゃあ、余程いい芝居なのだろうと、その時は、まだ他人事のように思っていた。六本木、俳優座、ピンと来ない。
 次の日、救援連絡センターの電話当番だったので、新橋の事務所へ行った。そして、郵便物のボックスを覗いてみた。そうすると、ブ厚い封筒があった。その封筒には、「桜組」とか記されてあったので、伊藤さんたちの話していたあの芝居の関係かな、と平野さんや小松君に断りなく封を開けて見たら、特別招待券がゴッソリと入っていた。
 翌8日、死刑執行抗議集会に行って、そのチケットを集会に来ていた平野さんに渡した。その集会には、永井さん、伊藤さんも居て、ナ〜ンダ、特別招待券があったの?と残念そうだった。もう少し早く気づいていたら、高い金を出費させてしまったね。ゴメンナサイ!でした。
 2月9日に、「虹のクロニクル」を観に行った。あの特別招待券がけっこう役に立ったようだ。あの券を持ってやって来たのだろう顔見知りの人たちに多く出会うことができた。
 芝居は、かなり感動的であった。当時のことが、どうしてもよみがえって去来してしまう。私の身体は、ワナワナと震えてしまって止まらなかった。荒野で一人きりで観ていたのなら、号泣できたのだろうが、如何せん満員の客席の真ん中では、あきまへん。
 2月22日(日)kヤ「大麻報道への異議申し立てデモ」主催420 JAPAN(於:青山公園)で職質についての講座をしてほしいとのことで引き受けた。デモ参加者は、百名近くは集ったかなぁ。幼児を連れてきていた人もけっこういた。そんなほのぼのデモだったが、折からの大麻関係の逮捕もあって、警察のデモ警備は大げさであった。  さて、私の職質講座だが、私の口下手さもあって、そうペラペラ滑るような口上は述べられなかったが、なんとか終えることができた。ロールプレイもしてもらった。と言っても、役についてくれた人はサクラ1名と私。警官役を私がやった。ほとんど、台本を棒読み。知り合いに見られなくて良かった。
 デモは、六本木ヒルズの下の青山公園から表参道を経て宮下公園をぐるりと回ってから、宮下公園で流れ解散。表参道あたりは、道往く人たちの注目を浴びて行進した。タクシーがプッ・プッ・プッと激励のクラクションを鳴らしていた。よく見たら、運ちゃんはコブシを挙げてファイトサインしていたよ。居るんだねぇ。しかし、なかなか、おもしろいデモであった。私が知っている政治的な人たちとのデモとは違ってはいたが、けっこういい刺激を受けた。権力者の言いなりにならず、主張することはいいことだ。
 母は、大麻事件の報道ニュースを見ていて、突然の爆弾発言をした。「お母さんも子供の時には、吸ったことがあるよ。」と言って、大したことないじゃん、ってなカンジ。ドキュ□ン!
 母の話をよく聞いてみると、母は、栃木県出身。昔の栃木県は、麻の栽培が盛んだった。繊維を取る為だ。今も少し栽培しているようだが(だからか、ときたま麻を刈りにいく人が捕まったりするようだ)。当時、小学生の母は友だちと麻の葉をキセルで吸っていたそうだ。当時の子どもたちの「禁じられた遊び」だったみたい。しかし、親父たちに見つかって、しこたま叱られてやめたようだ。なんちゅうか、この息子あって、この母あり、ってか?
(090221)

inserted by FC2 system